FX初心者が押さえておくべき裁量トレードと自動売買トレードの違い

公務員ニコの生存戦略

現役公務員兼不動産投資家のニコです!
今日は「FX初心者が押さえておくべき裁量トレードと自動売買トレードの違い」について
お話します!

ニコは不動産投資家なのでFXはどちらかというと不得手です。
それでも毎月堅実に稼げてるのは自動売買トレードのおかげです。
詳しくは以下の記事を見てくださいね。

ニコはFXは怖い投資だと思っていたのですが、FXにも色々な種類があることを知り、
現在は2年間FXと関わっています。
今回はFXに苦手意識のある方向けに、基本のキのところが紹介できればと思います。

ちなみにそんな僕はFXの裁量トレードはいまだにデメリット面に目が行ってしまい、
取り組んでいません。
自動売買に頼り切り、基本的に2年間初心者のままなので(笑)、
プロの目から見れば情報の抜け漏れがあるかもしれませんが、是非最後までご覧ください!

①裁量トレードのメリット

まずは裁量トレードのメリットを把握しましょう!
メリットは以下の通りです。
⑴スキルがあれば大きな利益を上げることもできる
一番の大きなメリットはこの点でしょう。
もちろんリスクと背中合わせではあるのですが、
稼げる人は月に何百万と稼いでいます。夢がありますよね!

⑵相場状況を判断し、分析することができる
分析して次の展開を読み、状況に合わせた手を打てることも特徴です。
裁量トレードはある程度画面に張り付くので、正確な状況判断ができる方であれば
自分の意志で取引の答えを導き出せることもできるわけですね!

⑶世界各国の取引に対応することができる。
ニコが使っているソフトは基本的にドル・ユーロが中心です。
そもそもFXの相場はドル相場ユーロ相場がメインではあるのですが、
裁量トレードであれば、好きな国の通貨へ投資することが可能です。
もちろんリスクも高くなりますが、得られるリターンも大きいので、
知識や経験がある方はチャレンジしているようです!

②裁量トレードのデメリット

次に裁量トレードのデメリットについてです。

⑴覚えるまでに時間がかかる
ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析など、プロのトレーダーたちと同じ土俵で戦うためには覚えるべき知識が膨大にあります。
努力無く勝てる世界ではないので、覚悟を決めて知識を蓄えていくことが求められます。

⑵膨大なデータを分析する必要がある
また一度覚えたらそれで良いというわけではありません。
僕が得意な不動産投資はどちらかというと負けない物件を買って正しく運用できれば、
基本的に毎日何かをしなければいけないという事はありません。
ある意味「日」レベルで見た相場は全くと言っていいほど安全なのです。
一方でFXは毎日の情報量が勝負のカギを握ります。
アメリカの雇用統計や欧米、日銀等の要人発言などをチェックすることと併せて、
統計の偏り等から、過去どのような動きが生じたのか、
緻密な計算が必要です。


⑶最初は損失が出てしまう可能性が高い。
この話をすると、「デモ口座で練習すれば大丈夫」という声が聞こえてきそうですが、
何事も本番と練習は全く違います。
デモ口座では簡単な経験値を積むことはできるけど、本当の経験値は積むことができないと言えます。実際のお金をかけることで、緊張感は雲泥の差です。
実際に50万円100万円をかけてください。
マイナス30万円が出てきている相場で、冷静に損切りができますか?
こうした時に経験値が足りないと、損切りができずに全額溶けるというのは良くある話。
最初は多少の損失があることを見込んで裁量トレードにチャレンジしましょうね!

③自動売買トレードのメリット

続いて、自動売買トレードのメリットについて解説します。
自動売買トレードとは、

⑴基礎知識さえあればできる
自動売買がどういう仕組みなのか、どういうメリットデメリットがあるのか、
正直、このブログレベルでも良いので理解してしまえば、取り組んでしまって良いです。
難しい知識が無くても始められる点がメリットですね。

⑵手法が確立されている
手法というと固いのですが、簡単にいうと「数式(ロジック)」です。
『Aという相場になったらドルを売る』
『Bという相場になったらユーロを買う』

こんな感じで数式が組まれているので、不確定要素が少ないのです。
もちろん『Aという相場には滅法強いけど、Bという相場はダメダメ』のような
不安定なソフトを選んでしまうと、負けるリスクも高くなります。
ソフトの実績を確認しながら、なるべくリスクの低いソフトを選びましょうね。

⑶最初から利益を上げられやすい
初心者でもいきなり利益が出ます。これも大きなメリットです。
裁量トレードはどちらかというと荒波にのまれます。
一方で自動売買ソフトは初めから数式の則った動きを自動で勝手にしてくれるので、
質の良いソフトさえ入手できれば、手堅く利益を上げていくことが可能です。

⑷感情や時間を必要としない
相場の動きを気にして寝不足になったり、精神的に不安定になったり、
本業の妨げになるようであれば本末転倒です。
自動売買は、もう自分の手の届かない世界だと割り切ってしまえば、
特に気にすることなく日常を送れます。
この視点はQOL(生活の質)の観点からも大切かなと思います。

④自動売買トレードのデメリット

最後に自動売買トレードのデメリットについてです。

⑴裁量トレードを極めたプロのトレーダーには敵わない
利益幅で言うとプロのトレーダーたちには到底かないません。
なのでFXで生計を立てたいと考えている人は、裁量トレードの方が望ましいでしょう。

⑵ロジックが確立されているので急激な変動に弱い
上昇トレンド、下降トレンド、レンジ相場など、
ソフトそれぞれに、各相場への相性がありますが、
苦手な相場が来たときに対応しきれない可能性が出てきてしまいます。
急変動の相場では、持ちこたえられず、全額溶ける可能性もあります。
FXのリスクと向き合いながら、適切な運用額でチャレンジすることが必要ですね。

ちなみに自動売買ツールは月利が高いものほど短命のパターンが多いです。
苦手な相場が来たときに全て溶けてしまうんでしょうね。
ニコが使っている自動売買トレードのソフトは利益率10%前後で進めるので、
リスクリターンのバランスが非常に良いのかなと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日は以上です!

本日は裁量トレードと自動売買トレードの違いについて解説しました。
ニコはFXがそんなに得意じゃないので自動売買一択でした。
裁量トレードも格好良いですけどね!

最後に、自動売買ソフトに騙されないための秘策ですが…
自動売買トレードのソフトは長期データがとても重要なんです。
必ず実績を確認しましょう。

ニコが使っているソフトは2年分のデータがあるので他の自動売買ソフトより
実績が証明されています。2年間の実績が出せるツールは他には聞いたことがありません。
興味がある人はこちらの記事も読んでくださいね~★

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました